世界最大級のピアノ音楽祭〜巨匠リヒテルとの出会い

ルネ・マルタンは、経営管理学と音楽(打楽器、音楽史、記譜法、和声、電子音響音楽)を学んだのち、ナント市に芸術研究制作センター(CREA)を創設。1979年より同センターの芸術監督として、ナント市およびペイ・ド・ラ・ロワール地域圏で毎年、室内楽と宗教音楽を中心としたコンサートの企画制作を始めました。

1981年、南仏の豊かな自然に囲まれた小村ラ・ロック・ダンテロンに国際ピアノ音楽祭を創設。今や世界最大級に成長したこのピアノ音楽祭には、ラドゥ・ルプー、マルタ・アルゲリッチ、ミハエル・プレトニョフ、エフゲ二―・キーシン、ネルソン・フレイレ、ニコライ・ルガンスキーら世界一流のピアニストが幾度も出演しています。1988年、大ピアニストのスヴャトスラフ・リヒテルより仏トゥレーヌのメレ農場で行われる音楽祭を任されるようになり、二人は強い協力関係で結ばれるようになりました。マルタンはリヒテルとともに100以上のコンサートを企画制作。また、リヒテルの音楽祭「12月の夕べ」(モスクワ・プーシキン美術館)も指揮しました。

1986年、仏ラ・ポールでコンサートシリーズ「エルミタージュ=バリエールでの楽興の時」を開始し、リンゼイ弦楽四重奏団、イザイ弦楽四重奏団、アラン・ムニエ、レジス・パスキエ、ジャン=クロード・ペヌティエ、ロラン・ピドゥ、ジェラール・コセ、カプソン兄弟、ジャン=エフラム・パウゼら、現代最高の室内楽奏者たちを招聘。2年後の88年には、キリスト教修道院としては西欧最大のフォントヴロー王立修道院の芸術監督に就任。10のコンサートホールを有するこの修道院には指揮者のフィリップ・ヘレヴェッヘ、ウィリアム・クリスティ、パウル・ファン・ネヴェル、クリストフ・スペリングらが率いる宗教音楽専門の名楽団を迎えています。