ホルストの組曲「惑星」は7つの天体を表す7曲からなる組曲です。中でも木星はとても耳馴染みのある曲で、中間部のメロディーには様々な歌詞で歌われています。そんなメロディーをみんなで演奏する前夜祭イベント『みんなでジュピター』。いよいよ本番です。

まずはマエストロ・曽我大介さんとバリトン歌手・河野陽介さんがステージに登場、リハーサルです。
IMG_1785.jpg皆さん、真剣な表情。

jupiter3.jpgそしてついに本番です!
IMG_1830_.jpgいよいよ練習の成果が!

jupiter5.jpgオーケストラだって負けていません。

jupiter4.jpg合唱の皆さんは想いを声にのせて。

jupiter6.jpgそう、これがラ・フォル・ジュルネなんですよね。前夜祭ながら、このパワーと想いにワクワクが止まりません。

...とふと横を見ると...そこにはなんとラ・フォル・ジュルネのアーティスティック・ディレクター、ルネ・マルタンさんが!『みんなでジュピター』の迫力に圧倒されながら動画を撮影しているマルタンさんを激写!

jupiter2.jpg

早くも音楽祭の成功を感じさせますね!

IMG_1845.JPG今日の熱意あふれる演奏を見事にまとめあげたマエストロ、曽我大介さんにお話を伺いました。IMG_1899.JPG

---今年の前夜祭も熱狂の演奏でしたね!
皆さん本当に演奏がお上手なんですよ。よく練習をして来てくれているのもわかります。
---マエストロにとっては、前夜祭イベント3年目(2014年:第九、2015年:ハレルヤ)ですね。年々演奏にまとまりが出てきているような気がしています。
それはもしかしたら毎年やって来ている成果かも知れませんね!

実はマエストロ、リハーサルと本番の間の短い間にも
「全てのメロディが関連性があって出来ているんですね。冒頭のタタター♪タタター♪というメロディの持っている勢いを感じられるといい演奏になるんですよ」
「37小節目のトランペットは軽く弾いてスタッカートを感じるといいですよね」
「シンコペーションの波型がキレイに出るように出来るとすごくカッコいい演奏になると思います」
などのアドバイスを、ジュピターのメロディを口ずさみながら次々とわかりやすく指導していました。なるほど、この積み重ねが皆さんの演奏をより素敵にしているんですね!

そして今日のもう一人の主役、リードヴォーカルとしてジュピターを歌い上げたバリトン歌手、河野陽介さんです。
IMG_1900.JPG---素敵な歌声、ありがとうございました!昨年のハレルヤは合唱での出演でしたが、今年はお一人での出演ですね。
いや、とても緊張しました。実は舞台上からは皆さんとの間にオーケストラがいる配置の関係上、合唱で参加されている皆さんの声がほとんど聞こえなかったんです。僕の声はマイクを通じて皆さんには聞こえていたのかなと思いますが、それもあって少し不安でした。それにしても、とんでもない間違いをしなくて良かったです(笑)

そんなに緊張をされていただなんて、まったく感じさせない素晴らしい歌声でした。お話をうかがってみると意外な素顔があるものですね。そして(おそらく楽器としては会場で最大数だったのではないかと推察される)合唱参加の皆さんを華麗に導いてくださった河野さんでした。

熱狂的な前夜祭イベントでついに幕を開けた今年のLFJ。今年のテーマは『ナチュール』です。皆さんにとっての『ナチュール』が見つかる3日間、いよいよ始まります!