「舞曲」と「リズム」を切り口に、ルネサンスから現代まで600年間のパノラマを展開する今年のLFJ、宮廷舞踊や民俗舞踊のスタイルを取り入れたクラシックの傑作から、20世紀以降のジャズやロック、ワールド・ミュージックに触発された作品、さらにはタンゴやフラメンコ、和太鼓やジャズまで、躍動感あふれる多彩なプログラムが目白押しです。打楽器が大活躍する曲や、スペイン・中南米の作曲家の曲がたくさん演奏されるのも今年の特徴。

ゴールデン・ウィークは東京国際フォーラムで日本のクラシック史上最大の舞曲フェスを、存分にお楽しみください!