音楽とダンスの深い関係を知れば、コンサートで聴く音楽もより深く味わえます。
多彩なゲストによる講演をぜひお楽しみください。
チケット/半券音楽祭期間中の有料公演チケットもしくは半券が必要なイベントです。
整理券1回ごとの完全入れ替え制で、整理券(無料)が必要なイベントです。
整理券は開演90分前より各会場にて配布します。

5月4日(木・祝)

11:00~12:00 "ラ・ダンス" のヒットチャート
~ラ・フォル・ジュルネを分析する~

吉成順(国立音楽大学教授)
13:00~14:00 カラダとリズム
小沼純一(早稲田大学文学学術院教授)
15:00~16:00 べジャールからピーターラビットまで
小田島久恵(音楽ライター)
17:00~18:00 クラシックとダンスの<ビミョーに>親密な関係
柴田克彦(音楽ライター)

5月5日(金・祝)

11:00~12:00 ドビュッシーとバレエ
牧神の午後への前奏曲、遊戯、おもちゃ箱

青柳いづみこ(ピアニスト、文筆家)
13:00~14:00 20世紀前半、パリのリズム
小沼純一(早稲田大学文学学術院教授)
15:00~16:00 舞は世につれ世は舞につれ
~西洋音楽史の中のダンス

吉成順(国立音楽大学教授)
17:00~18:00 クラシックとダンスの<ビミョーに>親密な関係
柴田克彦(音楽ライター)

5月6日(土)

11:00~12:00 バレエになったショパン
レ・シルフィード(フォーキン)、椿姫(ノイマイヤー)、イン・ザ・ナイト(ロビンス)

青柳いづみこ(ピアニスト、文筆家)
13:00~14:00 踊るダンスから聴くダンスへの道程
<バロック誕生の17世紀、そして18世紀へ>

中野振一郎(チェンバロ奏者)
15:00~16:00 舞曲としての祭り・盆踊り
大石始(ライター、エディター)
17:00~18:00 演劇としての "死の舞踏"
小池寿子(國學院大學文学部教授、美術史家)

同じ内容です。