作曲家から探す水野修孝(1934-)

徳島県出身の作曲家。ヘンツェの「交響曲第2番」に感銘を受け、作曲家を志す。1961年に作曲家デビュー。クラシック、現代音楽、ジャズなど様々なジャンルの技法を一つの作品の中に混在、統合させた作品を続々と発表する。お囃子や和太鼓など、日本の伝統音楽の素材や楽器の頻繁な使用も特徴である。

公演情報

公演番号 : 346

5月6日(土) 20:45~21:30

ホールC

マイリストに保存

0歳からのコンサート

曲名「一番太鼓」(独奏:林英哲)
林英哲:三つ舞(独奏:林英哲)
ゲラシメス:アスヴェンチュラス(独奏:シモーネ・ルビノ)
カンジェロージ:バッド・タッチ(独奏:シモーネ・ルビノ)
クセナキス:ルボンB(独奏:シモーネ・ルビノ)
水野修孝:交響的変容 第3部「ビートリズムの変容」から 鼓動
出演者林英哲
シモーネ・ルビノ(パーカッション)

※6歳以上入場可