作曲家から探すメンデルスゾーン(1809-1847)

ドイツの作曲家。ライプツィヒの裕福な銀行家一家に生まれ、恵まれた家庭環境のなかで幼少から音楽の才能を開花させた早熟の天才。バッハの「マタイ受難曲」を蘇演したことで名声を高めた。古典派の偉大な作曲家に規範を見出しながらも、前期ロマン派をリードした。みずみずしい抒情性と躍動感にあふれた傑作を残す。

公演情報

公演番号 : 141

5月4日(木) 9:45~10:30

ホールC

マイリストに保存

0歳からのコンサート

曲名メンデルスゾーン:劇音楽「夏の夜の夢」から 結婚行進曲
ベートーヴェン:ピアノ、ヴァイオリンとチェロのための三重協奏曲 ハ長調 op.56
出演者テディ・パパヴラミ
グザヴィエ・フィリップ
フランソワ=フレデリック・ギィ
シンフォニア・ヴァルソヴィア
廖國敏[リオ・クォクマン]

※3歳以上入場可