作曲家から探すリュリ(1632-1687)

イタリア出身だが、後にフランス国籍を取得。バレエダンサー、ヴァイオリニストとしてルイ14世の宮廷に仕え、彼の寵愛を受けた。多くのバレエ音楽を作曲したが、やがてフランスの古典悲劇をもとに、「叙情悲劇」と呼ばれる、バレエや合唱、オーケストラを伴う豪華絢爛なオペラを創作するようになった。

公演情報

公演番号 : 354

5月6日(土) 15:30~16:15

ホールD7販売予定枚数終了 販売予定枚数終了

マイリストに保存

0歳からのコンサート

曲名パデレフスキ:メヌエット ト長調 op.14-1
リュリ(ゴドフスキー編):サラバンド
リスト:「巡礼の年:ヴェネツィアとナポリ(第2年補遺)」から タランテラ
ツェルニー:シューベルトの人気のワルツによる変奏曲
リスト:死の舞踏
出演者アレクサンドル・ギンジン

※3歳以上入場可