作曲家から探すマリア・ルイサ・エスコバル(1898-1985)

ベネズエラ出身の音楽学者、ピアニスト、作曲家、風刺画家。1931年にカラカス芸術振興会を立ち上げ、ベネズエラの文化振興に尽力した。8歳で両親と共にオランダ領アンティルに渡り、その後パリでピアノと作曲等を学んだ。帰国後は大衆的な歌曲や器楽曲を発表して人気を博した。

公演情報

公演番号 : 265

5月5日(金) 17:00~17:45

G409販売予定枚数終了 販売予定枚数終了

マイリストに保存

0歳からのコンサート

曲名マリア・ルイサ・エスコバル:バレンシア・オレンジ 
マリア・ルイサ・エスコバル:失望
チェリーケ・サラビア:焦燥
カルロス・ガルデル:ボルベール(帰郷)
シャビエ・モンサルバーチェ:黒人の歌 
エルネスト・レクオーナ:マリア・ラ・オー
エルネスト・レクオーナ:ラ・コンパルサ(仮装行列) 〈ピアノ・ソロ〉
アントニオ・ラウロ:エル・クカラチェーロ 
キリノ・メンドーサ・イ・コルテス:シェリート・リンド 
チュエカ&バルベルデ:「恩寵の騎士」のワルツ 
モイセス・モレイロ:ホロポ  〈ピアノ・ソロ〉
カルロス・ガルデル:想いの届く日
アウグスト・ブランド:夢の中のくちづけ 
ペドロ・エリアス・グティエレス:平原の魂
出演者コロンえりか
ガスパール・コロン
碓井俊樹

※3歳以上入場可