作曲家から探すレーガー(1873-1916)

ドイツの作曲家。オルガニストやピアニストとしても積極的に活動した彼はオルガン曲や室内楽曲で有名だが、オペラと交響曲を除くすべてのジャンルで作曲している。自らをベートーヴェンやブラームスの伝統を汲む存在と見なしたが、和声からはワーグナーやR.シュトラウスへの傾倒も見出すことができる。

公演情報

公演番号 : 366

“シャコンヌ”

5月6日(土) 18:45~19:45

G409販売予定枚数終了 販売予定枚数終了

マイリストに保存

0歳からのコンサート

曲名ビーバー:「ロザリオのソナタ」から パッサカリア
ヨハン・セバスティアン・バッハ:「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番 ニ短調 BWV1004」から シャコンヌ
レーガー:「無伴奏ヴァイオリン・ソナタ op.42」から シャコンヌ:アンダンテ・コン・モート(第3楽章)
レーガー:「無伴奏ヴァイオリン・ソナタ op.117」から シャコンヌ
バルトーク:「無伴奏ヴァイオリン・ソナタ」から シャコンヌのテンポで(第1楽章)
出演者岡本誠司

※6歳以上入場可