作曲家から探すアレンスキー(1861-1906)

ロシアの作曲家、ピアニスト。ペテルブルグ音楽院でリムスキー=コルサコフに作曲を学んだ。代表作であるピアノ三重奏曲第1番をはじめとし、ロマンティックで叙情性豊かなピアノ作品が知られている。モスクワ音楽院で後進の指導にあたり、教え子にはラフマニノフやスクリャービンがいる。

公演情報

公演番号 : 224

5月5日(金) 15:30~16:15

ホールB7販売予定枚数終了 販売予定枚数終了

マイリストに保存

0歳からのコンサート

曲名アレンスキー:2台のピアノのための組曲第1番 op.15
シューベルト:幻想曲 ヘ短調 D940
ブラームス:ワルツ集「愛の歌」op.52aから
ストラヴィンスキー(バビン編):サーカス・ポルカ
コープランド:キューバ舞曲
出演者ボリス・ベレゾフスキー
アレクサンドル・ギンジン

※3歳以上入場可