作曲家から探すシューマン(1810-1856)

ドイツ生まれの作曲家、音楽批評家。早くから音楽への関心を深めるとともに、書籍商の父のもと文学にも傾倒した。ピアノの師ヴィークの娘であり名ピアニストのクララと結婚。ピアノ曲や、交響曲、室内楽曲、歌曲他の分野で傑作を残した。音楽雑誌を刊行し批評の分野でも活躍。晩年は精神を病んだ。

公演情報

公演番号 : 221

5月5日(金) 10:00~11:00

ホールB7販売予定枚数終了 販売予定枚数終了

マイリストに保存

0歳からのコンサート

曲名シューマン:民謡風の5つの小品 op.102
ストラヴィンスキー(ピアディゴルスキー編):イタリア組曲
ラヴェル:ハバネラ形式の小品
ピアソラ:ル・グラン・タンゴ
出演者アレクサンドル・クニャーゼフ
アレクセイ・ヴォロディン

※3歳以上入場可

公演番号 : 233

5月5日(金) 14:00~14:45

ホールB5販売予定枚数終了 販売予定枚数終了

マイリストに保存

0歳からのコンサート

曲名シューマン:弦楽四重奏曲第3番 イ長調 op.41-3
ピアソラ:「ブエノスアイレスの四季」から ブエノスアイレスの春、ブエノスアイレスの秋
出演者アルデオ弦楽四重奏団

※3歳以上入場可