作曲家から探すヨハン・シュトラウス2世(1825-1899)

ウィーンで活躍した作曲家、指揮者、ヴァイオリニスト。生涯のほとんどを華やかなウィンナ・ワルツの作曲に捧げた彼は「ワルツ王」と呼ばれる。ワルツ「美しく青きドナウ」ではじめて声楽を取り入れると、これをきっかけとするように、オペレッタ「こうもり」などの舞台作品も手掛けるようになった。

公演情報

公演番号 : 112

“ワルツ賛”

5月4日(木) 12:15~13:00

ホールA

マイリストに保存

0歳からのコンサート

曲名グリンカ:幻想的ワルツ
ハチャトゥリアン:「仮面舞踏会」から ワルツ
チャイコフスキー:バレエ「くるみ割り人形」から 花のワルツ
シベリウス:悲しきワルツ
ヨハン・シュトラウス2世:ワルツ「ウィーンの森の物語」
ラヴェル:ラ・ヴァルス
出演者ウラル・フィルハーモニー管弦楽団
ドミトリー・リス

◎1日パスポート券対象公演

※3歳以上入場可

公演番号 : 124

5月4日(木) 15:30~16:15

ホールB7

マイリストに保存

0歳からのコンサート

曲名ヨハン・シュトラウス2世:オペレッタ「こうもり」から(日本語版、抜粋)
出演者びわ湖ホール声楽アンサンブル
大川修司
渡辺治子
中村敬一

※3歳以上入場可