作曲家から探すフレスコバルディ(1583-1643)

イタリアのバロック時代初期を代表する作曲家。イタリア音楽史上最大のオルガニストとも称され、彼の作品のほとんどがオルガンやチェンバロのために作曲されたものである。半音階や不協和音が効果的に使用され、テンポの柔軟な伸縮が多用された彼の作品は、楽器の可能性を飛躍的に高めたものであった。

公演情報

0歳からのコンサート

曲名フレスコバルディ:バレット、コレンテとパッサカリア
フローベルガー:ジーグ、クーラント、サラバンド
ルイ・クープラン:クーラント — かわいいお嬢さん、サラバンド、ピエモンテ人
パーセル:組曲第7番
ラモー:リゴドン、ロンドー形式のミュゼット、タンブラン
デュフリ:アルマンド、ラ・ド・ブロンブル、ムニュエ(メヌエット)、ラ・ヴィクトワール
出演者中野振一郎

※18歳以上入場可