作曲家から探すレオ・ブローウェル(1939-)

キューバの作曲家、ギタリスト、指揮者。ギターのための作品を中心に創作活動を展開。作風の大きな変化が特徴で、初期はキューバの民俗音楽の影響を示し、1960年から70年頃にはノーノやクセナキスの作品に刺激を受け、偶然性を音楽に取り入れるようになった。近年は調性と形式を重要視した作風である。

公演情報

公演番号 : 263

5月5日(金) 13:30~14:15

G409販売予定枚数終了 販売予定枚数終了

マイリストに保存

0歳からのコンサート

曲名レオ・ブローウェル:舞踏礼讃
ピアソラ(アサド編):「ブエノスアイレスの四季」から ブエノスアイレスの春
マヌエル・ポンセ(ゴンザレス編):エストレリータ
ヂ・モライス&ジョビン(ディアンス編):フェリシダージ
藤井敬吾:羽衣伝説
出演者大萩康司

※3歳以上入場可